4711

こんにちは。

 

本日も新しい取り扱いブランドのご紹介です。
ドイツのケルン発祥の世界最古のオーデコロン、4711です。
今年の1月にケルンを訪れた際に初めてその名を知ったのですが、それにまつわるストーリーがとてもドラマチックなのです。
今では当たり前のように使われているオーデコロンという言葉もこの4711が語源となっているのです。(Eau de cologne=フランス語でケルンの水)
そのエピソードをご紹介します。pop_img3

1792年10月8日ドイツ、ケルンのグロッケンガッセでウィルヘルム・ミューレンスが婚礼のお祝いとして修道士から羊皮紙を授かりました。
そこには”アクア・ミラビリス”(不思議の水)の作り方が書かれてあり、あまりの素晴らしい香りに彼はすぐさま工場を作り、製造し販売するように。

 

四年後、ナポレオンの占領によりケルンに駐在したドーリエ将軍は混乱を防ぐために街のすべての建物に番号を表示するように命じました。
その際ミューレンスの仕事場につけられた数字が、この4711番だったのです。
その不思議の水はナポレオンやフランス軍をも虜にし、彼らはオー・デ・コロン(ケルンの水)という名前とともに愛を表現する贈り物として祖国の家族や恋人の元に送り、それがフランス中で広まっていきました。
またナポレオンは戦地に赴く際には大量に4711を購入しては兵士に配り、士気を高めていったといいます。

 

そしてそれから200年以上経った今でも、グロッケンガッセでは当時の製法に基づいてこの4711が作られ続けています。オレンジなどの柑橘系の精油に少量のローズマリーやラベンダーをピュアアルコールとケルンの水で調合。さらに上質な樽の中で4ヶ月間熟成させます。
その後創業当時からトップシークレットとされている最終工程を経て、この香りが完成します。

 

香りは、シトラス、ラベンダー、ローズマリー、ネロリの優しいけれど少しスパイシーな香り。
さっぱりとしているのでメンズフレグランスの立ち位置ですが、女性がつけてもとても素敵です。
女性がつけるとフルーティーさが際立ち、男性が付けるとウッディな印象に、香りが違うというのも不思議の水と言われる理由でしょうか。
またオーデコロンなので、香水ほど強すぎることはなく香りが飛ぶのも比較的早いので、いつでも気分転換につけていただけます。
ラベンダーやネロリはリラックスや精神安定の香り。きっとこの香りを嗅いでフランスやドイツの昔の人々は、穏やかな気持ちになったり元気になったりしていたのでしょう。

 

ゲーテやワーグナーなどたくさんの貴族が愛したと言われている4711の香り。
ちなみに有名なオードリーヘップバーンの映画、『ティファニーで朝食を』で主人公がうなじに吹き付けることでも有名です。
普段香水が苦手、という方にも是非おすすめのブランドです。

 

ph