About us

 
 
人生の節目には必ず花がある。

そして、その根本は愛である。

お祝いの気持ちのギフトも、亡くなった方への弔いも、根底にあるのはいつでも愛である。

花は、人を少しだけ幸せに出来る力を持っている。
たった一輪部屋に飾ってみるだけで
心がほぐれてなんだか優しくなれたりもする。

花を楽しむことは季節を楽しむことであり、
季節を楽しむことは、人生を何倍も楽しむことに繫がる。

多くの人の笑顔を想いながら花々を紡ぎ、
それぞれの人生にも彩りを添えていく。

それがJaz flower shopの願いです。


 
 
代表:益田 祐貴

1984年生まれ。北海道札幌市出身。

愛称は“Jazz”。
野山と北海道を愛する。趣味はキノコ狩り、山登り、釣り。

祖母の影響で、小学生の頃から自室にビニールハウスを作り盆栽など多様な植物を育てる。
19歳の頃、生花店にてアルバイトを始めたことにより、花の仕事の魅力を知る。
その後国内留学先の沖縄県でも那覇市の生花店、花の藤商(株)で勤務。
大学を卒業後札幌市円山の(有)花保に就職し、フラワーデザイナー清水さくら氏の下10年間修行を積む。2016年独立。


益田由里絵

神奈川県川崎市出身。

幼少期(5歳から10歳まで)を南米のチリ共和国で育つ。
国内留学先の沖縄県内の大学で益田と出会い、大学卒業後は東京都内の百貨店にて勤務。
その後札幌に移住し、夫とともに開業。


松田英子

北海道札幌市出身。

専門学校で花を学び、(有)花保に入社、既に退社していた益田と出会う。
その後花保を退社、GANONにて経験を積み、2019年3月より当店で勤務。
学生時代8年ほど吹奏楽の経験があり、演奏会などに今でもよく出かけている。


 
Jaz flower shop

2016年7月開業。

円山地区に絞って物件を探し、築50年の当物件に出会う。
店舗設計は世界的有名な建築家、中山眞琴先生率いる(株)ナカヤマアーキテクツに依頼。
ロゴや包装紙、各種DMデザインなどを、各種受賞歴も多く斬新なデザインを打ち出すarica design inc.に依頼。
 

お客様の目線に立ち『カウンセリングを行う花屋』として丁寧な接客がモットー。
贈り先の方の年齢や性別、お人柄などを伺ったうえで花束・アレンジメントを製作。
北海道各地から品質のよい花を作る生産者を選び、可能な限り道産仕入れを行なっている。
世界の旅先で出会った骨董品、ストーリーのある雑貨や器類をセレクトして仕入れ、店舗で販売している。

 
取り扱いのある雑貨ブランド
4711(ドイツ)「オーデコロン」という言葉の語源となったケルン発祥のコロン。ナポレオンも愛用していた。
Santa Maria Novella(イタリア)フィレンツェの世界最古の薬局で作られたポプリ。スパイシーな香りが人気。
FERET(フランス)100年以上の歴史を持つオーガニックハニーをベースに作られたハンドジェル、バーム。
La Savonnerie de Nyons(フランス)現地画家デザインのブリキ缶入りマルセイユ石鹸。オーガニックシアバターとオリーブオイル配合。